OAuth 2.0 応答のためのJSONメタデータ

先ほど、新しい Internet Draft (I-D) を発行しました。IETF 85 でお話した hyperlinked oauth に関するものです。現地で、”_links” は hyperlink だけでなく、メタデータ全般を表現しうるという指摘がありましたので、タイトルはいわば「OAuth 2.0 応答のためのJSONメタデータ」のような形になっています。たった9ページの短い文書です。これについては、OAuth WG のメーリング・リストで議論が行われます。

この -00版では、主に過去にブログに書いたことを収録しました。公開鍵など追加の関係を定義してゆくのは今後の課題です。

では、お楽しみください。


A new version of I-D, draft-sakimura-oauth-meta-00.txt

has been successfully submitted by Nat Sakimura and posted to the
IETF repository.

Filename:        draft-sakimura-oauth-meta
Revision:        00
Title:           JSON Metadata for OAuth Responses
Creation date:   2012-12-12
WG ID:           Individual Submission
Number of pages: 9
URL:             http://www.ietf.org/internet-drafts/draft-sakimura-oauth-meta-00.txt
Status:          http://datatracker.ietf.org/doc/draft-sakimura-oauth-meta
Htmlized:        http://tools.ietf.org/html/draft-sakimura-oauth-meta-00

Abstract:
This specification defines an extensible metadata member that may be
inserted into the OAuth 2.0 responses to assist the clients to
process those responses.  It is expressed as a member called “_links”
that is inserted as the top level member in the responses.  It will
allow the client to learn where the members in the response could be
used and how, etc.  Since it is just a member, any client that does
not understand this extension should not break and work normally
while supporting clients can utilize the metadata to its advantage.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください