Tokyo Wow’d と Tipness ONE 日比谷

具合が悪かったので早引け。(と言ったって8時過ぎ…。)
ただし、あまりの運動不足(なにしろ、3連休中、ほとんど家から出ていない)のせいかもしれないと思って、ちょっと歩くことに。内幸町から新橋駅まで往復し、その後、ティップネスONE 日比谷へ。

ティップネス ONE 日比谷は、他のティップネスと違い、プールが無い分おしゃれ、と聞いていたが、確かにおしゃれだ。この時間は一週間で一番混んでいるとのことで、結構ごった返している。照明は明るい。マシンは普通のティップネスとまるで違う高級バージョン。お風呂が無い(シャワーのみ)のと、男性用の定期ロッカーが現在無いのがネック。スタッフはよく教育されている。

Wow’D Tokyo は、ティップネス ONE 日比谷に比べてぐっと落ち着いた感じ。照明も暗くてほっとする。スタッフは、国立店の方が良いかな。(国立店が良過ぎという話もある。)ロッカーは国立店よりもずっと豪華。岩盤浴もある。ジムは国立と同じような感じ。マシンの種類は一緒だから迷うことはなさそう。こちらも結構混んでいる。

歩くとするとティップネスの方が近い。しかし、そうは言っても結構ある。日比谷公園を端から端まで突っ切るから、600メートルくらいか。歩くのが嫌だと、有楽町まで電車に乗るか?そうすると、どちらも200メートルくらいで変わらない。

さて、どっちにするかな???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください