馳走紺屋

いちごあんの大福毘沙門天の前の路地を入って2本目を左に入ると、三味線の音が聞こえてくる。

紺屋からだ。

のれんをくぐって中に入ると、まず靴を抜いてあがる。
廊下を進むと、左手にはカウンター、右手の方には個室/半個室が並んでいる。
三味線はその間で弾いている。

鮮魚の盛り合わせを頼むと、まずは、今日のお魚を見せにきてくれる。
その中から選ぶ。

お酒も充実。

きびなごのあぶり物と、黒じょかの吉兆宝山など、絶品だ。

馳走 紺屋
新宿区神楽坂3−1
telto:+81-03-3266-1611


追記:紺屋は火事で焼けてしまって、再建後は近代的な建物になってしまい、昔の情緒が失われてしまった。近代的なのは近代的で、それはそれで良いのだが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください