会社に副収入がバレないようする方法?!ウソつくな!!!

サラリーマンが勤務先以外から収入を得てはいけないという法律はありません。
ただ、会社によって就業規則でアルバイトを禁止しているところがあります。
そこで、そのような会社に勤めている人は、所得税の確定申告を行うときに、申告書の中にある「給与所得以外の住民税の徴収方法を選択する欄」において、給与所得以外の住民税の徴収方法を「 □自分で納付(普通徴収)」にチェックをつけるようにしてください。
こうすることによって、住民税について、自治体から勤める会社に報告が行くことはありません。支払通知は自宅に届くので、副収入があることが会社にはわからないわけです。
ビジネスノウハウのシェアサイト海 – とりもどそう還付金より)

いい加減なサイトもあるものだ。だまされてはいけない。

会社に副業がばれない絶対確実な方法は存在しない。

上記は全くのウソである。

まぁ、税理士でも勘違いしている人が結構いるから仕方ないと言えば仕方が無いが。

本当の正解は、たとえば go相談.com の小野さんの回答などにのっている。

以下、引用:

自治体の住民税の通知書の形式が、会社の給与収入のみが記載される場合であれば、アルバイトは会社ではわかりません。しかし、副業所得が記載される場合であれば、会社がチェックすれば、アルバイトは発覚してしまいます。
記載様式は自治体によって異なりますので、お住まいの自治体によって発覚するかどうかが決まってきます。
(出所:go相談.com Q8367

インターネットの情報は有象無象、いい加減なものも多い。まともな情報源を探す事が重要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください