ライブドア・村上ファンド、2005年2月8日の取引はなれ合い取引だったことが判明

昨年3月5日の記事で指摘したとおり、2005年2月8日の日本放送株の時間外取引は、売買時期や価格を事前合意した「なれ合い売買」だった。東京地検の調べで分かった。ちなみに、なれ合い取引は、相場操縦の一種とされ、インサイダー取引よりも罪が重い。

ま、そんなの最初から分かっているわけですが。

ホント、当時この取引の合法性を主張していたマスコミって、何を考えていたんですかねぇ。わけわらかじ。反省して一面に謝罪記事を出すくらいしてもバチは当たらないと思う。いや、そのくらいしなければ、日本のマスコミは進歩しないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください