数理法学 An Axiomatic Approach to Law

なぜ、数理法学というものは無いのだろう。
An axiomatic approach to Law とか Legal System とかあっても良さそうだが、ググっても無い。

An Axiomatic Approach to Legal System

An Axiomatic Approach to Law

Mathematical Law

数理法学

全然ダメだ。数理経済学だったら一発でヒットするのに。こういう学問の分野は無いのだろうか?

思うに、ほとんどの法令というのは、ごく少数の公理と仮定から導き出すことができるのではないだろうか?

A1. 他人の身体不可侵
A2. 他人の意志不可侵
A3. 他人の財産不可侵
と若干の条件から演繹的に導き出せるのではないだろうか?

できるだけ少ない仮定からスタートして、各種の法律や判例を導き出してみる。その上で、実際の法令や判例にあわないものは、果たしてその法令・判例が妥当であるかを吟味し、妥当であるならば公理・仮定を変更して再度トライするというようなサイクルを回してゆくと良いのではないかと思うのだが、どうなんだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください