パフォーマンスサイジング〜Amebloリニューアル失敗に思う

風マリアさんが使っている Ameblo が7月1日から2昼夜かけてリニューアルした。パフォーマンス改善のためというのだが、実際には大劣化して、現在ではろくにアクセスできない始末だ。

ここのところS社が、サイジングを全くしないでリリースして失敗しているのを見て、「こんなところもあるんだ!」とびっくりしたばっかりだったのだが、Ameblo も似たり寄ったりで、世の中とはその程度のものなのかと思ってしまう。プロテクトかけているわけでも無し、サイジングの実験をするのはそんなに難しくないと思うのだが…。

サーバーはSunだとおもう。Sunの大きなマシンを入れればパフォーマンスは上がるなど、何か間違った発想をしたのではないだろうか?もちろん違うかもしれないが…。

それはさておき、サイジングの実験である。たしかに、LoadRunner とかを使っていたら、何万人からのアクセスを再現するのは難しいかもしれない。LoadRunner のライセンスだけで結構な価格になってしまうし、負荷をかけるジェネレータ用のマシンを用意するのも大変かもしれない。そういう時は、ベース負荷を別にかけるのだ。私のところでは、100万同時セッション&毎秒2万新コネクションだせる機械を用意してテストをやっている。同様の機械を使っているところは結構あるのだが、Amebloさんはそうではなかったようだ。

コンサルでもしてあげましょうかね、全く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください