XRIがOASIS Comitte Draft に昇格

XRI(eXtensive Resource Identifier) が日本時間の15日午前7時20分に Oasis Open の Comitte Draft ととして認められた。今後30日間のパブリック・レビュー期間を経て、Oasis Standard にするかどうかの投票が行われる。

XRI は、ネット上の「存在」を統一的に指し示すための識別子(Digital Identity)の国際規格で、米国 Visa InternationalやAMD、日本の野村総合研究所などがコミッティメンバーとして検討を重ねてきていた。特徴として、永続的識別子、一時的識別子を持ち、なおかつ中央ディレクトリが存在しなくても良いP2P的規格になっていることがあげられる。

詳細は、Oasis Open のXRI TCのサイトで見ることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください