若く見える秘訣?

ここ2週間ほど、若く見えて過ぎて相手がぶっ飛ぶという事件が相次いでいる。

まず最初は、親戚のお別れ会でお会いした日比谷にある某Tホテルの社長。話をしていてどうもかみ合わない。「ところで、君何年目?」「今年で17年目になります。」「え〜っ!5〜6年目かと思った。」

次は、国立駅の売店のおばちゃん。一橋大学の入試の日に、売店で買い物をしながら、「がんばってきてくださ〜い!」と叫んでいる学生を見ながら、「今日は入試の日だったんだですねぇ」とおばちゃんに言ったら、「あなたも何年か前にやったんでしょう?」「え、何年か前って…。20年以上前になりますが…。」「え〜〜〜〜っ!」

その次は昨日、藤沢の方に住むお箏の先生が11歳の娘に「あの〜、聞きにくいんだけど、沙羅ちゃんのパパっていくつ?」「39歳です。」「え〜〜〜〜っ。二十代かと思った。」きっとお箏の先生仲間の間でウワサになってたんだろうなぁ。いったいいくつなんだろうって。二十代だとしたら、沙羅は18のときの子供ですかい?つ〜ことは、仕込んだのは17歳のとき?おいおい:hammer:

そう言えば、数ヶ月前にも似たようなことがあったな。

定例をやっている某J社の方と、ほかの人が来ないねぇと話しながら:彼曰く、「我々若者は…」。「いや〜、もう若くも無いですけど。」「あれ、崎村さん、お幾つですか?」「39ですけど。」「え〜〜〜〜っ。す、すみません。タメだと思ってため口きいてました。」「お幾つなんですか?」「29です。」

あ、いろいろ思い出してきたぞ。

一月ほど前に車をニッサンに買いに行った時。セールスマンがこちらをちらっと見ながら家内に向かって、「息子さんのお車でしょうか。」おいおい。それを言っちゃぁいかんでしょ。すごくムッとしてましたよ、うちの奥さん。:-D

ずいぶん前になるが、公園で娘と遊んでいたときに、娘の友達のお母さんに紹介されて:「え〜〜〜〜っ!(と言いながら、3メートルほど吹っ飛ぶ。)親戚のお兄さんかと思った。」

別に若作りしているわけではないんですが、どうしてなんでしょうねぇ。仕事の上では不利だよなぁ。

原因をつらつら考えるに:

(1)スリムである
  結婚すると、皆さんお肥りになられるようだが、私は
  高校生のころからほとんど体型が変わっていない。
  (最近ようやくちょっとおなかの周りが…。)
(2)実は目が比較的下のほうについている?
  さっき似顔絵を作っていて気がついたのだが、
  目の位置が頭の高さの半分くらいのところに
  ついている。これって、ひょっとして漫画顔?
(3)健康食が好き
  好きなものといえば、豆腐、こんにゃく、湯葉、etc.
  ノン・オイルの精進料理みたいな、超健康食。
  ついでにゼロカロリー。これではあんまりだというので、
  ファミレスなどではカロリー表示の高いものから
  食べているが、きっとそれでも高が知れているのだろう。
  ついでに、去年からはバランス・サプリもとり始めて
  腸の調子も超良くなった。これも寄与している?

別に運動をしているわけではないし、食事制限をしているわけでもない。お肌のために良く寝ているわけでもないし、仕事のストレスは凄いというような生活なのにねぇ。理由が分かって本を書いたら売れるかもしれないのに、分からない。残念!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください