かそけくそよげる風を追い

かそけく そよげる 風を追い
野原をずっと 走って行った
夜半の海へと 舟漕ぎだした
妖精達の 祭の手拍子
松明かかげ たたけよ太鼓
眠い目には銀の砂
砂のかけらに 煌めく湾は
ひみつの入江を隠し持つ
ゆめにいざなうその風は
ただひそやかに呼吸する
ひとときのみの安息や
夜が明けてゆく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください