豊かさの引き換えに失ったもの

\"ベートーヴェン今日、United Airline に乗ったら、フルトベングラー指揮のベートーベンの第九が流れていた。ディテールも甘いし、決してテクニック的にはうまくないと思うのだが、なぜか泣けてきた。

思えば、演奏技術はずいぶん進歩した。しかし、感動を与える力はどうだろうか?指揮者だけではないだろう。苦難のときを共に乗り越えてきた人間の厚みが、合唱の一人ひとりの声からも滲み出してきているような気がする。それに比べて、昨今の演奏のなんと軽いことよ。

この50年の間にわれわれは豊かさを獲得した。平和も獲得した。しかし、引き換えに失ったものはなんだったのか、振り返ってみるべき時期に来ているのかもしれない。

「豊かさの引き換えに失ったもの」への0件のフィードバック

  1. Let\’s Note R―ポイント集中したノート
    今年3月ぐらいにノートパソコンを久しぶりに買った。実はパナソニックのPCを買うの…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください