革命の夜

革命の夜は更けたりガスパールすくりと立てる桔梗花かな
スコタイの霧深し夜野の花は野に置かるべし波頭を行けば
逢い引きの静けさに染むテルミンのか弱き音色木霊たゆとう
中善寺出家具戒の深々と立つ鳥もなく入り日の薄れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください