ニューオフィス革命〜「電紙アーカイブ」などによる生産性向上

知的資産創造 1996年新春号より

崎 村 夏 彦

 電話,ファクシミリ,コピーの普及による第一次オフィス革命によってホワイトカ ラーの生産性は飛躍的に向上したが,情報ブローカーとしての管理職の出現,オ ープンフロアの話し声による作業効率の低下など,新たなボトルネックも生じた。 これらは,与えられた技術のもとでは必要悪であった。

しかし今,グループウェア,ワークフローシステムなどに代表される新しい情報 技術により,このボトルネックを打ち破る好機を迎えている。第二次オフィス革命 =ニューオフィス革命である。作業の非同期化と,電脳空間上での「情報のスー プ」の共有によって,組織はフラット化し,オープンフロアは消え,静かなオフィス が出現する。また,リモートオフィスの普及により,地理的制約がなくなり,いつで もどこでも仕事ができる環境が整う。

他方,情報の受け渡しを担当していた情報ブローカーは姿を消し,判断を行う 真のプロが台頭する。生産性が向上する半面,労働強度もかなり増大する。

もくじ

I 「電紙アーカイブ」などによる生産性向上

  1. 6割の人間を捨てていた昔のオフィス
  2. 電話,コピー,ファクシミリによる第一次オ フィス革命

II  現在のオフィスが抱える 6つの問題点

  1. 検索経路が長くなることによる コストの上昇と情報の欠落
  2. 情報ブローカーとしての管理職の出現
  3. 同期通信ゆえの待ち時間の問題
  4. オープンフロアの話し声による作業効率 の低下
  5. 直接会って話さないと動的情報は伝えら れない
  6. 情報が散在する

III  第二次オフィス革命を支える 5つの新しい情報技術

  1. 情報通信インフラとしてのネットワークパ ソコン
  2. 情報の共有と検索を可能にするグループ ウェア
  3. 業務に沿って情報を伝達し処理するワー クフローシステム
  4. 紙の上の情報をネットワークに取り込む 電紙アーカイブ
  5. 自分の主張を効果的に表現するオーサリ ングツール

IV   ニューオフィスのイメージ

  1. 会議室にとって代わるパソコン
  2. ワークフローシステムで処理を定型化
  3. いつでもどこでもオフィスと同様に

V  現在の問題点をことごとく 解決するニューオフィス

  1. 情報の検索性の向上と完全性の確保
  2. 絶滅する情報ブローカー
  3. 非同期通信により待ち時間を解消
  4. 静かなオフィスによる作業効率の上昇
  5. 動的情報の効果的な伝達
  6. 情報のネットワークへの集中

VI   ニューオフィス革命の効果

  1. 生産性向上の余地は大きい
  2. バラ色のオフィス?

続きはこちらから→ ニューオフィス革命

「ニューオフィス革命〜「電紙アーカイブ」などによる生産性向上」への1件の返信

  1. The cimbalom International Festival 2012 in the Netherlands is a musical meeting of cymbalists and their orchestras from several European countries.  The cymbalists will work with the orchestra a wide repertoire of gypsy, jazz and classical music presentation. It is unique to this to experience, taste and plenty to enjoy. We hope you enjoy our website http://www.cimbalom.info and hope you will attend the second edition of International Cymbal om Festival in september 2012.
    Presale tickets for the cymbalom international festival 2012 is launched!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください