少子化対策〜教育費削減

世界のカップルにもうひとり子供が欲しいかとアンケートを採ったところ、日本と韓国が最低の数字を記録したらしい。一つの大きな理由は、教育費だ。

確かに、教育費は異様に高い。
小学生から夜中まで塾に通って月謝を払う。
私立学校に行って、寄付金だのなんだのやたらと払う。

異常だ。

こうやって金をかけて大学にはいると遊んでしまって馬鹿になる。

異様だ。

どうしたら改まるだろうか?

国立大学の入学をオープンにしてしまったらどうだろうか?

東大でも一橋でも、入りたい人は全員入れる。ただし、全員から
入学金は取る。(それでも、現状、それまでにかけている教育費に比べれば何のことはない金額だ。)
そうすると、アホみたいな受験勉強は必要なし。
大学の財政も改善する。

その代わり、毎年1学年上に上がれるのは半分のみ。残りは放校になる。(ただし、それまでに取った単位を持って、受け容れてくれる他の大学に行くことはできる。)
卒業できるのは 1/16 のみ。
死にものぐるいで勉強しなければ卒業できない。
従って、日本人のレベルも上がる。

どうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください