Xen 3.0 試してみたいな

XenSource は5日、オープンソース インフラ仮想化ソフトウェアの最新版『Xen 3.0』をリリースした。

同社はこの日、企業のデータセンターにおける仮想化管理を支援するアプリケーション『XenOptimizer』の発表も行ない、ベータ版をリリースしている。製品版は2006年初めにリリースの予定だという。

Xen 3.0 は、Red Hat の『Red Hat Enterprise Linux』と Novell の『SUSE Linux Enterprise Server』という企業向け Linux ディストリビューション、および Sun Microsystems の『Solaris 10』に搭載され、配布される予定だ。『VMware』をはじめとするプロプライエタリな仮想化ツールに代わる、オープンソースの仮想化ツールを使える選択肢を提供することとなる。
(出所)japan.internet.com

記事によると、仮想化のオーバーヘッドも1%以下と低いようだし、複数のサイトを運用したりするのには打って付けか?自宅鯖で、テスト環境を仮想ホストで作って、本番運用側にリリースするなんてこともできるんでしょうね。

ただ、対応がRHELとSUSE。SuSEにすることも考えたんですが、現状、うちは Debian だから、すぐに使うと言うことはなしですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください