無人駅 (返歌)

鉄道は地平線へ消え
列車は駅に佇む
風花の舞う

駅の歌としては、父、秋村功

支線また岐るる駅に友去りて海岸線に汽車は久しき

が珍しく好きだ。比較的「自分」にスポットが当たった歌が多い中で、写生に寄っていて、しかも時間の感覚も入っている。

多少意識はして、セッティングを海岸線から離してみた。

しらいしさんの

大霜の氷の粒につつまれて真白き窓の隙間から空

への返歌。

「無人駅 (返歌)」への0件のフィードバック

  1. 【トラバ返歌】 青い景色
    Natさまへ

    海岸線バスに揺られて鴨川のサーフィン眺む紺碧の磯
    荒れ狂う波に逆らいサーファーはイルカ色して大波を待つ
    いつひさしシュガートレイン指ちゅぱの吾子を乗せゆく膝のうえかな

    津波の映像を見て、歌を読んで、何となく・・・鴨川のサーファーと指ちゅ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください