連鎖

君が嬉しいと、僕も嬉しい
君が楽しいと、僕も楽しい
君が優しいと、僕も優しい
君がすがすがしいと、僕もすがすがしい

君が悲しいと、僕も悲しい
君が苦しいと、僕も苦しい
君が痛いと、僕も痛い、
君がつらいと、僕もつらい

君が憤ると、僕は悲しい
君が怒ると、僕は悲しい
君が恨むと、僕は悲しい
君が憎むと、僕は悲しい

僕が楽しいと、君も楽しくなれますか?
僕が嬉しいと、君も嬉しくなれますか?
僕が優しくしたら、君も優しくなれますか?
僕が許したら、君も憎しみを解いてくれますか?

憎しみと悲しみの連鎖で綴られた歴史は、いつその固く捩れた糸を解き解してくれるのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください