一太郎訴訟、松下逆転敗訴 「特許は進歩性欠き無効」

ま、当然なんですが。

いくらなんでもこの特許はひどすぎ。
無効になって何より。

それよりも、目をひいたのは、「全国の特許訴訟などを一手に引き受ける知的財産(知財)高裁の大合議部(裁判長・篠原勝美所長)」というところ。こんなところがあったんだ、という感じ。改正特許法では特許の有効無効を裁判所が判断できる。それをやる場だ。(ちなみに、この判決が第一号。)

こういうところができるところを見ると、日本もまだそれほど捨てた物でもないかもしれないと思ってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください